脊髄空洞症 - 薬について

薬はいつまで飲むのでしょうか? ずっと飲みつづけなくてはいけないのでしょうか?

痛みなどの症状がおさまれば、薬の減量や中止を検討できます。

解説

脊髄空洞症は薬で治療する病気ではなく、手術で治療する病気になります。
薬を用いるとしても、痛みやしびれの症状に対する対症療法としての使用に限ります。
そのため、痛みやしびれがおさまれば、薬の減量や中止を検討します。

この病気について気になる方はコチラ

亀田総合病院・脳神経内科

原瀬 翔平 監修

ユビー病気のQ&Aで見る