慢性静脈不全 - 治療について

手術後に、日常生活で気をつけることは何でしょうか?

立ち仕事を避けること、安静時の下肢挙上、習慣的な運動、弾性ストッキングの着用が大切です。

解説

立ち仕事は血液が足にたまる原因になるので、避けるようにします。
就寝時など、横になって安静にする際は、下肢挙上(足を高くして血の流れを促すこと)を行うように心がけます。
日常的に無理のないレベルの運動(つま先の上げ下げや足上げ、ウォーキングなど)を行うようにすることも大切です。
また、症状の改善や再発防止のために、普段から弾性ストッキングを着用することも効果的です。

参考・文献

孟 真. 慢性下肢静脈不全とその治療.心臓 . 2016, 48, p.275−280.
伊藤孝明 久木野竜一 高原正和他. 下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン. 日皮会誌. 2011, 121, p.2431-2448.

この病気について気になる方はコチラ

おだかクリニック 副院長・循環器内科

小鷹 悠二 監修

ユビー病気のQ&Aで見る