下肢静脈瘤 - 治療について

治療を開始してから治るまでの流れが知りたいです。

弾性ストッキング等を用いた保存的治療や、手術が行われます。手術の場合、入院期間は日帰り~5日程度になります。

解説

弾性ストッキング等を用いた保存的治療(体を傷つけずに病気を治していく治療)や、場合によっては手術が行われます。
手術を選択する場合、入院期間は日帰り~5日程度となることが多いですが、病状によってはより長くなることもあります。

この病気について気になる方はコチラ

おだかクリニック 副院長・循環器内科

小鷹 悠二 監修

ユビー病気のQ&Aで見る