新型コロナウイルス感染症 - 病気について

放置するとどうなりますか?

症状(咳・喉の痛み・発熱など)が数日間続いたのち、徐々に治まっていくケースがほとんどです。

解説

多くの場合、咳・喉の痛み・発熱・鼻水などの症状が、出現してから数日間続いたのち、徐々におさまっていきます。
ただし、肺炎などに発展するケースも一部あります。
重症化しやすい因子がある方、ワクチンが未接種の方などは特に要注意です。

なお、感染中に不用意に外出などをすると、周囲に感染を広げることになってしまいます。
定められた自宅待機期間のあいだは、自宅などで療養するようにしましょう。

この病気について気になる方はコチラ

東日本橋内科クリニック 院長・循環器内科

白石 達也 監修

ユビー病気のQ&Aで見る