大動脈解離 - 病気について

どのような病気ですか?

大動脈という大きな血管の壁が裂けてしまう病気です。

解説

大動脈とは体の中で最も太い血管で、心臓から全身へと血液を送り出す動脈の大元です。
大動脈の壁は本来、内膜・中膜・外膜の3つの層に分かれていますが、このうち中膜が裂けて層が2つになってしまうことがあります。
これによって、もともと血管の壁であった部分に血液が流れ込むことで、血管内に別の血液の通り道ができてしまった状態を大動脈解離といいます。
本来の血液の流れが阻害されることで、心臓や脳はじめさまざまな病気を引き起こしうる危険な病気です。

この病気について気になる方はコチラ

おだかクリニック 副院長・循環器内科

小鷹 悠二 監修

ユビー病気のQ&Aで見る