乾癬 - 症状について

どのような症状が見られますか?

赤い斑点のような皮疹(ひしん)が全身に生じます。かゆみや爪の変形が出現したり、関節炎になったりすることもあります。

解説

頭やひじやひざ、おしりなどのこすれやすい場所に皮疹(赤みやぶつぶつなど皮膚にできる症状の総称)が起こり、銀白色の鱗屑(りんせつ)をともなう紅斑(盛り上がったような赤い斑点)が出現します。
(鱗屑とは、角質が目に見えるかたちではがれ落ちて、皮膚がかさかさになった状態のことです。)
皮疹が全身のあちこちに広がることで、紅皮症(皮膚の赤みが全身に広がった状態)に至ることもあります。
また、かゆみや爪の変形(爪乾癬)をともなうこともあるほか、全症例の15〜20%について、関節の炎症(乾癬性関節炎)の発生も報告されています。

この病気について気になる方はコチラ

内科一般

宮村 智裕 監修

ユビー病気のQ&Aで見る