アトピー性皮膚炎 - 薬について

ステロイド外用薬には怖い副作用があると聞きましたが、本当ですか?

適切に使用すれば、全身での副作用は通常起こりません。

解説

強いステロイド剤を長い間全身に使うと、ホルモンを分泌する力が弱まるなどの全身性副作用が起こる可能性があるとされています。
ただし、ステロイド剤も適切に使えば、全身性の副作用を起こす可能性は非常に低いです。
また、ステロイド外用薬の皮膚に対する他の副作用として、
・毛細血管拡張
・皮膚萎縮
・細菌やウイルスなどによる皮膚感染症
などがありますが、これらも薬の強さや量、使用期間を適切に守れば十分に防げます。
医師の指示をしっかり守って、正しく薬を用いるようにしましょう。

この病気について気になる方はコチラ

内科一般

宮村 智裕 監修

ユビー病気のQ&Aで見る