エキノコックス - 病気について

放置するとどうなりますか?

発症から約半年でお腹に水がたまっていき、命に関わる事態に至ることもあります。

解説

エキノコックスの卵が体内に入り込んでから、成虫となって症状が出はじめるまでには、通常数年〜十数年ほどの長い時間がかかります。
その間放置して発症にいたってしまうと、まずは肝臓の症状(お腹に水がたまるなど)が生じ、さらに進行すると肺や脳にまで症状が広がります。
命に関わる事態に至ることも少なくないため、なるべく早く対処することが必要です。

この病気について気になる方はコチラ

新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野・消化器内科

吉岡 藍子 監修

ユビー病気のQ&Aで見る