ユビーAI問診のロゴ
AIシステム導入によって、医療関係者の業務負担軽減・医療の質の向上を実感のアイキャッチ画像

AIシステム導入によって、医療関係者の業務負担軽減・医療の質の向上を実感

大阪府

社会医療法人 協和会 加納総合病院

久保田 真司 院長

病院
300~500床
問診効率化
問診充実化
診療支援

『地域貢献』、『365日、患者さんが相談できる病院として、日々患者と向き合い続ける』加納総合病院。院長の久保田真司先生に、ユビーAI問診導入のきっかけから、導入後の変化についてお話を伺いました。

病院が抱えていた課題とユビーAI問診導入の背景

 当院では、医師・看護師が業務負担の多さから本来行うべき業務に割く時間がとれないという課題を抱えておりました。十分に時間が割けないことにより、“診療の質の低下”も問題として現れておりました。

その原因として挙げられるのは、当院の問診全体における効率の悪さです。そもそも当院は診療科ごとに受付が分かれており、問診票の内容が異なります。また、問診票の中身は非常に簡素なものであるため、医師は、改めて診察時に深堀する必要がありました。さらにその深堀した情報は、医師が一から電子カルテに入力しなくてはならなかったため、カルテ入力を含めた診察全体の時間がかなり長くなっておりました。
一方、外来に使える時間は限られています。そのため診察からカルテ入力までの時間を少しでも削減するために、患者さんの診察と電子カルテの記載を同時並行で行なっていました。しかしその結果、患者さんからは「医師が向き合って診察をしていない」とご指摘を受けてしまいました。業務効率を上げようとした結果、悪循環となってしまったのです。

同様に、看護師の業務にも負担が出ていました。本来、看護師が行う業務はバイタル測定や入院説明、検査の説明を中心に、患者さんの理解度確認、次の検査までの過ごし方や気をつけるポイントに対する説明なのですが、ユビーAI問診導入前は、問診票で不足していると感じた部分を追加問診することが多くありました。

もともと当院では外来看護師の人数を多く配置できておらず、今回導入した内科系にいたっては、処置室に配置する看護師すらいないこともあります。そのため本来の業務以外の業務が増えることは、看護師1人ひとりの負担を大きくし本来の業務に割く時間や労力が削られる結果へと繋がってしまったのです。

もちろん、こうした課題への対策として、問診内容の音声入力システム導入やクラークを採用する話が出ていきました。しかし現状は、クラークの教育・運用を始めて1年ほど経ったことで少しずつ作業の範囲は拡大してきてはいるとはいえ、ドクターが満足するレベルのクラークになるまでどれくらいの時間を要するのかはまだ不明な状態です。要する時間が不明な分、教育に対してもそれなりにコストもかかってしまう懸念もあります。

しかし、医師・看護師の業務に関する課題感やリスクは感じていたものの、その課題感が院内で大きな問題となっているわけではなかったのも事実です。そもそもユビーAI問診の存在を知ったのは、理事長のお話がきっかけでした。理事長からユビーAI問診に関する資料をいただき、コスト面などを踏まえて検討した結果、『クラークを1人採用するよりも低コストかもしれない』『あると便利かな』『話題性にもつながる』と感じたため、一度導入してみましょうという話に至りました。

ユビーAI問診導入後に感じた変化

AIによる自動運転等々の導入を中心に、今や一般企業や社会でAIの導入が測られているのは存じておりました。ただそれでも、「医療の面でAIは活躍できるのだろうか」、「人間対人間の仕事の中でどれだけAIが活躍できるのか」という疑問がありました。しかし実際にユビーAI問診を導入し使用してみると、医師や看護師の業務負担に関する課題、問診時に得られる情報量の面、提供する医療の質の面においてとても効果が高いものであると感じられました。

医師や看護師の業務負担軽減

当院の場合、問診票から得られる情報量は少なく、内容も〇をつけるだけの簡易的なものでした。そのため、問診票からは触りを把握する程度しかできませんでした。

したがって医師は、診察時に改めて患者さんから深堀する必要がありました。さらにその深堀した情報を一から電子カルテに入力するため、事務作業への負担が大きくなっていたのです。
受付業務を担当する事務・クラークには医師が求めるレベルの医療知識がないため、医師が求めるレベルの情報を提供してもらうことも難しい状態でした。

加えてクラークの教育も少しずつ拡大している段階であり、教育期間の想定も難しいです。
しかし、ユビーAI問診を導入することで、問診内容の登録までクラークに行なってもらえるようになり、医師の業務に余裕が生まれ始めました。

また、医師が欲しい情報もユビーAI問診によってあらかじめ収集されているので、情報不足が減少しています。そのため、電子カルテには必要な部分だけ追記するだけですみ、一から内容を記載する作業が少なくなりました。これらの結果より、医師は患者さんと対面しながら診察することが可能になりました。

看護師もユビーAI問診導入前は、問診票の内容に関する不足分をその都度患者さんに追加問診しておりました。しかし、ユビーAI問診導入後には、その機会が削減できています。総じて、医師・看護師ともに事務作業や本来の業務ではない業務に関する負担軽減が見られ、患者の診療や対応に時間や労力を割けるようになりました。

導入当初は、「来院する患者さんにタブレットを渡しても使えないのではないのか?」「もしかしたら誰かが付きっきりになるのではないか」といった不安がありました。ただ現代はすでに巷でタブレットがあふれ、高齢者も触れる機会が多くなっていることもあり、最初に説明するだけで問題なく活用いただいております。ユビーAI問診が使えなくて困っているという声は耳にしていません。

得られる情報の増加、聞き漏れ・ミスの低下

ユビーAI問診を導入したことで、診察前に得られる情報が増えたのも実感しています。特に既往歴や使用している薬の情報に関しては、導入前まで患者さんの記憶を頼りにするしかなく、医療者も既往の確認まで手が回らないことがありました。結果、診察後に「こんな既往歴があったのか」と気づくこともありました。

ユビーAI問診導入後は、既往歴から現病歴まで知りたい情報がほぼすべてヒアリング出来た状態になっています。また、問診の結果がストーリー形式で表示されるため、そのストーリーを確認しながら聞き漏れがないか確認するだけで済んでいます。

加えて、まだ利用はしていませんが、お薬手帳のOCRも可能と聞いており、その点では逐一薬手帳を見て判断するという業務も軽減されるのではと感じております。
さらに、参考病名によるサポートにも助かっております。参考病名表示と医師が想定する病名がマッチすることで、ミスを犯すリスクが軽減できているためです。総じて患者の背景を知るという面ではかなり役に立っていると感じます。

もし同じ作業を、ユビーAI問診ではなくクラークにやってもらうとなるとかなり難しいでしょう。なぜなら、クラークには医師が求めるレベルの医療知識がなく、求められるレベルの情報を提供することが難しいためです。その点、ユビーAI問診は医師が求める様々なデータを瞬時に表示でき、また疲れを知りません。

以上のことからも、クラークを増やすという選択よりもユビーAI問診を導入した方が良いと感じています。 

医療の質向上

先程申し上げた「医師・看護師の業務負担軽減」と「問診時に得られる情報量の増加」が効果となって、医療の質が向上したように感じています。

看護師においても同様です。ユビーAI問診を導入する前は、問診票の深堀業務によって業務負担が大きくなり、なかなか本来の業務に労力を割けておりませんでした。そのため入院・検査の説明や入院までの過ごし方や患者に対する声かけなどが簡素になっておりました。

しかし、導入後はユビーAI問診が代わりに問診を行うため、問診時に得られる情報量が増え、看護師が追加問診する機会が減りました。その結果、時間や労力に余裕が生まれ本来の業務に集中できるようになりました。
これらの事からも、診療科の医療の質が向上しているのと実感できております。

電子カルテの時でも感じたことですが、紙カルテの時代が全然想像できなくなり、電子カルテは無くてはならない存在になりました。ユビーAI問診も、導入してまだ3ヶ月ではありますが、すでに無くてはならない存在と感じるまでになっています。もともとは、多少の業務効率化につながれば良い、という期待程度で導入にいたりましたが、期待以上の成果が出ており、紙の問診票にはもう戻れません。

今後の医療経営に求められること

現在、医師不足や病院業界全体の経営難が問題となっています。当院では医局人事の繋がりで優秀な人材の確保が出来ています。それを今後も継続するために、これまで以上に教育機関と連携を密にとって対策を取っていきたいと考えております。

病院経営は一つひとつの積み重ねです。今後も個々の医師がどれだけ自分の医療、技術、人柄を患者さんに伝えられるかがカギになるかと考えています。これらを積み重ねて熱い気持ちで患者さんを引っ張っていけたらと思っております。

当院は『地域に根差した病院』として、地域の開業医の先生方と協力して診療にあたるのが基本スタンスです。これは、開院してから約60年ずっと続けており、今も変わっておりません。

診療時間に制限はありますが、24時間365日体制で対応する街の救急病院として、”小回りが利く”だけでなく、困ったときにはいつでも相談に乗れ、かつ高い専門性を持った診療が可能という体制とスタンスを持ちながら運営しております。

今後も地域の先生方と密に連携していく方針を継続していきたいです。

社会医療法人 協和会 加納総合病院 
〒531-0041 大阪市北区天神橋7丁目5番15号
http://www.heartfull.or.jp/kano/


お役立ち資料

資料ダウンロード病院経営の成功事例集
資料ダウンロード