ユビー

胃食道逆流症(GERD)」の解説

監修医師の画像

監修医師

新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野医員
吉岡 藍子

概要

胃に入ったものが食道に逆流すると、食道が胃酸にさらされて粘膜がただれ、胸やけなどの症状が引き起こされます。一気に食べたり、食後すぐに横になったり、肥満があったり、背中が曲がっているような場合に逆流しやすいと言われていますが、原因がわからない場合もあります。胃カメラで食道炎を確認しますが、見た目に変化がない場合もあります。胃酸を抑える薬を内服することが主な治療になります。

原因

胃酸が胃から食道へ逆流することで起こる。近年は普及しているピロリ菌除菌によって胃酸を出す力が戻るため、胃酸過多になることがある。胃の手術後だったり、背骨が曲がってお腹が縮まったり、胃が食道の方へ引きあがる食道裂孔ヘルニアという状態を合併すると逆流しやすい形になることも原因の一つ。また、肥満、妊娠や暴飲暴食は腹圧を上げるので逆流症状が出やすい。食後にすぐ横になってしまうような習慣も逆流につながりやすい。さらに一部の薬(筋肉を弛緩させる作用のある)は食道と胃のつなぎ目を緩める作用があり、それによる胃酸逆流もきたすことがある。

胃酸逆流

症状

胃酸が上がってくる感じ、胸やけ、のどの違和感(イガイガ、飲み込みづらさ)、口の中が酸っぱい、呑酸、咳、げっぷがよく出るなどの症状が一般的。横になる時間が長い夜間や朝に症状が強くなることもしばしば。食道炎がひどくなると、出血して吐血してしまったり、食道が狭くなって、食事がとれなくなったり、吐いてしまうこともある。

進行後のリスク

胃酸の逆流によって、胸やけ、酸っぱい感じ、みぞおちの痛み、のどの違和感、心臓や肺の病気がないのに続く咳などの症状が起こります。食道炎を繰り返したり、長く食道炎が続いていると、治っていく過程で食道が狭くなり、食べ物が下に落ちていかないことや、食道の粘膜が胃の粘膜に置き換わって、バレット食道という変化が起こる場合があります。バレット食道は欧米人に多いと言われていますが、ここから癌が発生することもあります。

tkd_gerd_001

tkd_gerd_002

検査・診断

基本的には胃カメラ検査を行って、食道炎の変化があるかを確認する。変化がある場合は、逆流性食道炎として投薬治療を開始。食道炎の変化がない場合でも、非びらん性逆流症という自覚症状のみの病気があるため、こちらも治療対象となる。胃酸を抑える薬で症状が改善しない場合、食道内圧測定や食道pH測定といった検査も追加されることがあるが、専門機関への受診(紹介)が必要。

治療

一気に食べ過ぎない、食後はすぐ横にならず30分〜1時間程度は座った状態あるいは立った状態で食べ物が下に落ちるようにする、お酒を飲みすぎない、痩せる、姿勢をよくするなどの生活習慣の見直しで良くなることがあります。さらに、胃酸を抑える薬を数週間内服することで症状はほとんど改善します。薬をやめて症状が再発するような場合は、長く薬を続けることもあります。 食道から胃に入る部分の筋肉が緩んでいたり、逆流しやすい形の場合は、治りにくいこともあり、手術で形を整えることもありますが、稀です。

参考文献

日本消化器病学会雑誌 2017;114:1781―1789 藤原靖弘

GERD診療の進歩と問題点 GERD疫学―最近の動向― 日本消化器病学会雑誌 2017;114:1790―1796 飯島克則

GERD診療の進歩と問題点 GERD の内科的治療の進歩

予防

治療と同様に、生活習慣の改善で予防できることも多い。食後は座って体を起こした状態でしばらく休息することや、一気に食べたり飲んだりしないことは簡単に実行できる予防方法である。治療後いったん良くなっても、症状再発することが多いので、適時薬を再開したり、前述の自己管理を徹底することが重要。

近くで相談できる病院を見る
監修医師の画像

監修医師

新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野医員
吉岡 藍子
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。 2022年4月から新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野所属。
監修医師詳細