ユビー

糖尿病」の解説

監修医師の画像
監修医師
東日本橋内科クリニック 院長
白石 達也

概要

糖尿病は、インスリンが体内でうまく働かないことで、血糖値が高くなってしまう病気です。膵臓から分泌されるインスリンは血糖値を下げる働きを持っています。血糖値が高い状態が続くと徐々に血管がダメージを受けて、全身の臓器に不調が起こります。インスリンがうまく作れない1型糖尿病と、作られたインスリンがうまく効果を発揮しない2型糖尿病があります。全糖尿病患者のうち90%以上が2型糖尿病の患者さんです。日本では、成人の6人に1人が糖尿病あるいはその予備軍であると考えられています。

原因

血糖値をコントロールする作用のあるインスリンというホルモンの分泌が減ったり、はたらきが悪くなることで起こります。 もっとも多い原因として、高カロリー・高脂肪など食生活の乱れ、運動不足、ストレス、喫煙習慣などがあります。こうした生活習慣の乱れによる糖尿病を2型糖尿病といいます。全ての糖尿病患者の9割以上を占めるとされます。 ほかに生活習慣の乱れは関与しない、インスリンを作る細胞が破壊されることで発症するものもあります。このようなタイプは1型糖尿病と呼ばれます。 そのほか、妊娠をきっかけに発症する糖尿病や、ホルモンの病気、膵臓の病気で発症する糖尿病などもあります。

症状

初期症状はほぼなく、主に健康診断での指摘で発見されます。 悪化すると、喉が渇く、トイレが近くなる、疲れやすくなる、体重減少などがでてきます。 さらに進行して合併症を起こすとその症状を起こします(糖尿病網膜症になると失明、腎症になるとむくみなどでます。心筋梗塞や脳梗塞でみつかる方もいます。)

進行後のリスク

糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、あふれ出した糖が血管の壁に傷をつけて、炎症がおきます。小さな血管から大きい血管までダメージを与えるので、様々な臓器が障害されます。糖尿病の3大合併症と言われる神経障害、網膜症、腎症は小さな血管のダメージによっておこります。一方、脳梗塞、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症などは大きい血管のダメージによっておこります。これらはどれも生活に大きな影響を与え、時には命に関わる病気なので、早めに糖尿病を発見し、適切に対処することが重要です。

糖尿病の合併症

検査・診断

血液検査でHbA1cというものや血糖値を調べます。 一度の検査で基準を満たして診断になることもありますし、 複数回の採血やブドウ糖の摂取でどの程度血糖値が上昇するかみる試験をすることもあります。 糖尿病の原因を探る検査(膵臓に対する抗体の検査など)や、 合併症がないか目の検査(眼科を受診します)や心臓や血管の検査をします。

治療

生活習慣の乱れが関連している場合、食生活や運動習慣の乱れを正しましょう。食事は、摂取カロリーを適切な量にし、炭水化物・たんぱく質・脂質などの栄養バランスを整えるようにします。炭水化物の摂取カロリーが全体の50-60%になるようにしましょう。極端な栄養バランスにならないように気を付けましょう。また、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を週150分以上を目標に行います。週2回程度の筋トレを組み合わせるとより効果的です。糖尿病の状態がとても悪い場合は軽いウォーキング程度に留めましょう。生活習慣の改善を行っても良くならない場合は、血糖値を下げる薬を飲みます(注射薬もあります)。肥満の有無やほかに持っている病気などを加味して、薬を選びます。 薬を適切に使っても良くならない場合、インスリンを使った治療を行います。インスリン分泌が不足している1型糖尿病や妊娠中の糖尿病ではインスリンを使った治療が必要です。 *糖尿病の状態によっては生活習慣の改善とあわせて最初から飲み薬・注射薬を必要とすることもあります。

糖尿病の対処法

予防

生活習慣が関わる2型糖尿病や妊娠糖尿病は生活習慣を見直す(バランスのとれた食事、運動)ことで発症や悪化をある程度予防することができます。 1型糖尿病や内分泌の病気によるものなどは予防できません。 早期に見つけられるように健康診断などきちんとうけるようにしましょう。

近くで相談できる病院を見る
監修医師の画像
監修医師
東日本橋内科クリニック 院長
白石 達也
京都大学医学部卒。田附興風会医学研究所北野病院で臨床研修、仁生社江戸川病院で循環器内科医として勤務。Ubie社での勤務を経て、東日本橋内科クリニック院長。
監修医師詳細