ユビーのサービスについて

Ubieは50,000件以上の査読付きの世界中の医学論文を取り込み、1,100以上の病名に対応した、患者さんの千差万別な症状を調べることができるデータベースを構築しています。

このデータベースは、社内の医師を中心とした医療専門家チームとデータサイエンティストとの協働によって定期的に改善が行われており、常に最新のデータを取り込んだ膨大なデータベース・フローチャートを構築しています。こうした検証、改善のサイクルを繰り返すことで、Ubieは適切な医学的エビデンスに基づいた医療情報の反映を随時行うことができ、一人一人に信頼性の高い症状チェックの提供を可能にしています。

医療機関向けに提供している「ユビー AI問診」は47都道府県で800を超える医療機関において、医療従事者の業務負担を軽減、事務工数を削減、業務効率化をサポートを実現しています。
また、体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けには20問-30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる、上手な医療のかかり方支援サービス「症状検索エンジン ユビー」を提供しており、月間600万人以上のユーザに対して、症状から適切な医療への案内をサポートしています。