ユビー

哺乳や食事の量が普段より少ない
という症状の原因となる病気との関連性をAIで無料チェック

監修医師の画像
監修医師
白井 優

哺乳や食事の量が普段より少ないという症状について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

症状の原因と特定の病気との関連性

症状に対して適切な診療科

症状に関するおすすめの医療機関

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

哺乳や食事の量が普段より少ないという症状に関連する病気

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

哺乳や食事の量が普段より少ないという症状の原因と関連する主な病気は次のとおりです。
  • インフルエンザ
  • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
  • 夏かぜ(手足口病)
  • 急性扁桃炎・咽頭炎
  • 咽頭結膜熱
  • 夏かぜ(ヘルパンギーナ)
  • 喉頭軟化症
  • 髄膜炎
  • 咽後膿瘍
  • 食道異物
哺乳や食事の量が普段より少ない場合には、すぐに病院を受診すべき病気もあります。
  • 髄膜炎
  • 敗血症
  • 扁桃周囲膿瘍・深頚部膿瘍
  • 急性腹症
監修医師の画像
監修医師
白井 優

診療科・専門領域

  • 精神科
  • 心療内科
四谷ゆいクリニックにて英語圏、ポルトガル語圏のメンタルヘルス診療に従事。児童の神経発達症から認知症まで広く診療を行っている。ダイバーシティクリニック(www.diversity.clinic)を通じてメンタルヘルスの知見を発信している。
監修医師詳細