ユビー

発達が遅れている
という症状の原因と、関連する病気をAIで無料チェック

更新日:2023/07/26

監修医師:
笹岡 悠太(札幌医科大学救急医学講座 助教)

「発達が遅れている」がどの病気に関連するかAIでチェックする

かんたん3分(無料)

「発達が遅れている」がどの病気に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

発達が遅れているという症状について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
症状の原因、関連する病気、対処法がわかる
featureHospitalIcon
適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

「発達が遅れている」はどんな症状ですか?

発達が遅れているとは

「発達が遅れている」に関連する主の病気には、睡眠障害(不眠症)、チック、ウエスト症候群(点頭けいれん)などがあります。

発達が遅れているという症状はどんな病気に関連しますか?

発達が遅れているという症状の原因となる主な病気は次のとおりです。
  • チック
  • 不眠症
  • ウェスト症候群、点頭けいれん(West症候群)
  • 脊髄性筋萎縮症
  • 異染性白質ジストロフィー
  • 毛細血管拡張性運動失調症
  • くる病・骨軟化症
すぐに病院を受診すべき、発達が遅れている場合に関連する病気もあります。
  • ウェスト症候群、点頭けいれん(West症候群)

発達が遅れているという症状について、医師からのよくある質問

  • 周囲の同年代と比較すると発達が遅れていますか?
  • 頭痛がありますか?あるいは頭が重いですか?
  • むくみがありますか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太 先生

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細