ユビー
気になる症状はユビーアプリで簡単チェック

病的近視
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:2023/01/25

監修医師:
三村 真士(オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長)

あなたの症状と病的近視の関連をAIでチェックする

かんたん3分(無料)

病的近視があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

病的近視について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
病的近視に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
病的近視に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

病的近視と特に関連する症状について

次のような症状がある方はご注意ください。

視界の一部が見えなくなった

症状の頻度
ほぼ毎日同じような症状がある

色の感じ方が他人と違う、または最近変化したと感じる

自覚した時期
1ヶ月以上前から

最近目が見えにくくなった

症状の出方
全く前ぶれのない突然の発症だった

ものがゆがんで見える

自覚した時期
1日以内から

光の点滅を感じたり、突然稲妻のような光が見える

症状の程度
介助がなければ身の回りの日常生活(着替えや食事など)ができない

病的近視とはどんな病気ですか?

近視とは、遠くにピントがあいにくくなってぼやける状態です。病的近視は、眼底に出血や萎縮などの特有の変化を生じたものを言います。見たい部分が霞む・歪む・欠ける、黒い点や虫のような影が飛んで見えたり、視野の一部に光が走る等の症状が認められることがあります。

病的近視への対処法は?

根本的に治す方法は現在のところありませんが、病的近視で起こる眼底の変化に対してはいくつかの治療法があり、視覚の維持、もしくは改善を目指すことができます。予防法としては、近視の進行をできるだけ抑えることが必要となります。子どものころから近視が強い、強度の近視がある、20代後半を過ぎても近視が進行している等の場合には、病的近視に進行するリスクが高いので、自覚症状がなくても1年に1度は眼科を受診することが勧められます。点眼、メガネなどを用いた適切な専門治療に加え、近年では、しっかりと日光を浴びることで近視の進行を抑えられることがわかってきました。

病的近視の専門医がいる病院を見る

病的近視のQ&A

病的近視について、医師からのよくある質問

  • 前と比べ現在、視界の一部が見えなくなったと感じますか?
  • 最近目が見えにくくなったと感じますか?
  • 色の濃淡や明暗が明確ではないものが見えにくいですか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長
三村 真士 先生

診療科・専門領域

  • 眼科
【経歴】 2002年 大阪医科大学卒後、同大学眼科に所属し、眼科/眼形成再建外科専門医を志す 2007年 眼科専門医取得、大阪回生病院にて眼形成再建外科外来開設 2014年 大阪医科大学眼科/助教 2015年 カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 眼科/眼形成再建外科 国際フェロー 2020年 大阪医科大学眼科/講師准 2021年 兵庫医科大学眼科/非常勤講師、東邦大学医療センター佐倉病院/非常勤講師 2022年 眼形成再建外科専門:オキュロフェイシャルクリニック大阪院長
監修医師詳細