ユビー

急性汎発性発疹性膿疱症
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
日本橋室町皮ふ科 院長
上田 有希子

「急性汎発性発疹性膿疱症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

急性汎発性発疹性膿疱症と関連性のある病気

適切な診療科

急性汎発性発疹性膿疱症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「急性汎発性発疹性膿疱症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

38℃以上の発熱に加え、全身の発赤・斑点、さらにこの発赤に多数の小さな白い膿みのようなぶつぶつ(小膿疱)が出現する状態です。多くは何らかの薬が原因となり、投与数時間後から1週間以内に発症します。原因薬の中止後、通常は約2週間で改善しますが、原因薬に気が付かず投与が続くと重篤な状態になることがあります。

対処法

早期発見が重要ですので、気になる症状が出現した場合は、放置せずに速やかに医療機関へ連絡・受診をして下さい。

監修医師の画像
監修医師
日本橋室町皮ふ科 院長
上田 有希子

診療科・専門領域

  • 皮膚科
【経歴】 私立女子学院高校卒 新潟大学医学部卒 東京大学医学部附属病院初期研修医 東京大学皮膚科学教室入局 自治医科大学皮膚科 臨床助教 京都府立医科大学皮膚科 後期専攻医 都立駒込病院皮膚腫瘍科 東京大学皮膚科 特任臨床医 日本赤十字社医療センター皮膚科
監修医師詳細