ユビー

まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまう
の原因となる病気との関連性をAIで無料チェック

監修医師の画像
監修医師
オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長
三村 真士

「まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまう」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

「まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまう」の原因となりうる病気との関連性

適切な診療科

「まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまう」におすすめの病院

次のような症状を訴える人が利用しています
  • まぶたが目にかかる
  • まぶたが垂れ下がる
  • まぶたがだるい
  • まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまうが続く

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまう」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

「まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまう」で考えられる病気

まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまうの原因と考えられる主な病気には次のものがあります。
  • 重症筋無力症
  • 脳梗塞
  • 群発頭痛
  • 無菌性髄膜炎
  • 筋ジストロフィー
  • ランバート・イートン症候群(Lambert-Eaton症候群)
  • トロサ・ハント症候群(Tolosa-Hunt症候群)
  • 縦隔腫瘍
  • ボツリヌス
  • ヌーナン症候群(Noonan症候群)
まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまうには、すぐに病院を受診すべき病気もあります。
  • 脳梗塞
監修医師の画像
監修医師
オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長
三村 真士

診療科・専門領域

  • 眼科
【経歴】 2002年 大阪医科大学卒後、同大学眼科に所属し、眼科/眼形成再建外科専門医を志す 2007年 眼科専門医取得、大阪回生病院にて眼形成再建外科外来開設 2014年 大阪医科大学眼科/助教 2015年 カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 眼科/眼形成再建外科 国際フェロー 2020年 大阪医科大学眼科/講師准 2021年 兵庫医科大学眼科/非常勤講師、東邦大学医療センター佐倉病院/非常勤講師 2022年 眼形成再建外科専門:オキュロフェイシャルクリニック大阪院長
監修医師詳細