ユビー

正しく普段通りに歩くことが出来ない
という症状の原因と、関連する病気をAIで無料チェック

更新日:8/5/2022

監修医師:
笹岡 悠太(札幌医科大学救急医学講座 助教)
  • 両側に脚を開くように歩行している
  • 歩くときに体が傾いてしまう
  • 何かに掴まらないと歩けない
上記の症状がある人は…

かんたん3分(無料)

正しく普段通りに歩くことが出来ないがどの病気に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

正しく普段通りに歩くことが出来ないという症状について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
症状の原因、関連する病気、対処法がわかる
featureHospitalIcon
適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

正しく普段通りに歩くことが出来ないという症状はどんな病気に関連しますか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

正しく普段通りに歩くことが出来ないという症状の原因となる主な病気は次のとおりです。
  • アルツハイマー型認知症(Alzheimer型認知症)
  • 腰痛症
  • メッケル憩室症
  • 大腿骨頚部骨折
  • 慢性硬膜下血腫
  • 低体温症
  • てんかん
  • 小脳出血・梗塞
  • 低カルシウム血症
  • 急性腎不全
すぐに病院を受診すべき、正しく普段通りに歩くことが出来ない場合に関連する病気もあります。
  • 脳梗塞
  • 急性虫垂炎
  • 髄膜炎
  • 大腿骨頚部骨折

正しく普段通りに歩くことが出来ないという症状について、医師からのよくある質問

  • 前より歩きにくくなったように感じますか?
  • もともと日常生活において、立ち上がるのが困難で、横になって過ごすことが多いですか?
  • ろれつが回らないですか?
  • ものが二重に見えていますか?
  • 頭痛がありますか?あるいは頭が重いですか?
監修医師の画像

監修医師

札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細