ユビー

肥満細胞症
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:10/14/2021

監修医師:
上田 有希子(日本橋室町皮ふ科 院長)
かんたん3分(無料)
肥満細胞症があなたの症状に関連するかチェック
interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

肥満細胞症について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
肥満細胞症に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
肥満細胞症に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

肥満細胞症とは

肥満細胞は免疫反応に重要な役割を持ちますが、体の様々な部分にこの肥満細胞が異常に蓄積してしまう状態です。皮ふ肥満細胞症(多くは小児に生じる)や全身性肥満細胞症などいくつかのタイプがありますが、原因として遺伝子変異の関連が考えられています。かゆみを伴う赤褐色の多発皮疹、胃痛・吐き気・下痢などの消化器症状、骨の痛みなど、多くの症状を引き起こす可能性があります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 肌が茶色になっている部分がある
  • 皮ふのこすれるところや、外から刺激を受けたところが赤い
  • 日光が当たっていた部位が赤い

対処法

手術による摘出が検討されますが、再発もしやすいです。他の臓器に転移することは稀です。

近所の病院検索

肥満細胞症の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

肥満細胞症に関連する他の症状からも調べられます

肥満細胞症について、医師からのよくある質問

  • 肌が茶色になっている部分がありますか?
  • 皮ふのこすれるところや、外から刺激を受けたところが赤いですか?
  • 日光が当たっていた部位が赤くなっていますか?
監修医師の画像
監修医師
日本橋室町皮ふ科 院長
上田 有希子

診療科・専門領域

  • 皮膚科
【経歴】 私立女子学院高校卒 新潟大学医学部卒 東京大学医学部附属病院初期研修医 東京大学皮膚科学教室入局 自治医科大学皮膚科 臨床助教 京都府立医科大学皮膚科 後期専攻医 都立駒込病院皮膚腫瘍科 東京大学皮膚科 特任臨床医 日本赤十字社医療センター皮膚科
監修医師詳細