ユビー

けいれん発作があった
の原因となる病気との関連性をAIで無料チェック

監修医師の画像
監修医師
土肥 栄祐

「けいれん発作があった」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

「けいれん発作があった」の原因となりうる病気との関連性

適切な診療科

「けいれん発作があった」におすすめの病院

次のような症状を訴える人が利用しています
  • 38度以上の発熱に伴い痙攣が起こった
  • 痙攣した時に38℃以上の発熱があった
  • 痙攣中に全身を大きく震えさせていた
  • けいれん発作があったが続く

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「けいれん発作があった」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

「けいれん発作があった」で考えられる病気

けいれん発作があったの原因と考えられる主な病気には次のものがあります。
  • 熱中症
  • アルツハイマー型認知症(Alzheimer型認知症)
  • 低ナトリウム血症
  • 進行性皮質下性血管脳症
  • てんかん
  • 睡眠時遊行症
  • 低血糖症
  • 低カルシウム血症
  • 高ナトリウム血症
  • インフルエンザ
けいれん発作があったには、すぐに病院を受診すべき病気もあります。
  • 熱中症
  • 心筋梗塞・不安定狭心症
  • 脳出血
  • reversible posterior encephalopathy syndrome(PRES)
監修医師の画像
監修医師
土肥 栄祐

診療科・専門領域

  • 神経内科
2005年03月 広島大学医学部医学科卒業 2005年04月 独立行政法人国立病院機構 呉医療センター 初期研修医 2008年04月 市立広島市民病院 神経内科 後期研修医 2009年04月 広島大学大学院 脳神経内科/神経薬理学 入学 2012年10月 広島大学大学院 脳神経内科/神経薬理学 終了 (博士(医学)) 2013年10月 広島大学病院 脳神経内科 助教 2015年04月 県立広島病院 脳神経内科 副部長 2015年11月 Johns Hopkins University, School of Medicine, Dept Psychiatry and Behavioral Neuroscience 博士研究員 2019年01月 University of Alabama, School of Medicine, Dept Psychiatry and Behavioral Neurobiology 博士研究員 2020年08月-2022年02月(前職) 新潟大学脳研究所 病態解析分野 助教
監修医師詳細