ユビー

子宮発育不全
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
小笹 勝巳

「子宮発育不全」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

子宮発育不全と関連性のある病気

適切な診療科

子宮発育不全でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「子宮発育不全」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

生まれつき子宮の形態異常の場合と、女性ホルモンの分泌が不十分が原因の場合があります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • これまでに望んでいるのに1年以上妊娠できないことがあった
  • 望んでいるが、1年以上妊娠できない状態が続いている
  • 月経周期が39日以上(生理がなかなかこない)
  • 生理の出血量が極端に少ない
  • 生理の出血量や出血期間がおかしい
  • 周りの同世代の人々と比べて、二次性徴(思春期に性機能が発達すること)が遅れていると感じる
  • 生理周期(生理から次の生理までの期間)がおかしい

対処法

生理不順や不妊等で見つかることがあります。これらの症状があれば産婦人科を受診して下さい。

「子宮発育不全」に関連する症状からも調べられます

「子宮発育不全」と似た病気からも調べられます

監修医師の画像
監修医師
小笹 勝巳

診療科・専門領域

  • 産婦人科
大阪大学医学部卒。天理よろづ相談所病院、大阪大学医学部附属病院、大阪大学大学院、大阪府済生会中津病院、市立貝塚病院 副部長を経て、次のキャリアに向けて始動中。婦人科腫瘍、女性医学などの分野を中心に産婦人科全般の診療に携わっている。
監修医師詳細