ユビー

生理の出血量や期間がおかしい
の原因となる病気との関連性をAIで無料チェック

監修医師の画像
監修医師
国立成育医療研究センター 臨床研究員
金沢 誠司

「生理の出血量や期間がおかしい」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

「生理の出血量や期間がおかしい」の原因となりうる病気との関連性

適切な診療科

「生理の出血量や期間がおかしい」におすすめの病院

次のような症状を訴える人が利用しています
  • 生理がすぐに終わってしまう
  • 生理が中々終わらない
  • 生理が長引いてしまう
  • 生理の出血量や期間がおかしいが続く

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「生理の出血量や期間がおかしい」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

「生理の出血量や期間がおかしい」で考えられる病気

生理の出血量や出血期間がおかしいの原因と考えられる主な病気には次のものがあります。
  • 子宮筋腫
  • 子宮頸管ポリープ
  • 子宮発育不全
  • 排卵時出血
  • 甲状腺機能低下症
  • 先端巨大症
  • バセドウ病(Basedow病)
  • 黄体機能不全
  • 子宮奇形
  • 高プロラクチン血症
生理の出血量や出血期間がおかしいには、すぐに病院を受診すべき病気もあります。
  • 異所性妊娠(子宮外妊娠)
  • 白血病
  • 骨盤内炎症症候群
監修医師の画像
監修医師
国立成育医療研究センター 臨床研究員
金沢 誠司

診療科・専門領域

  • 産婦人科
  • 産科
  • 婦人科
新潟大学医学部卒。東北大学大学院医学系研究科で医学博士を取得。 東京都立多摩総合医療センター、国立成育医療研究センターなど総合周産期センターの最前線で母体救命、胎児診療、臨床研究に従事。 現在は、Ubie株式会社でAI問診プロダクトを開発しながら、FMC東京クリニックにおいて胎児超音波や出生前相談外来を、東京フェリシアレディースクリニックなどにおいて産婦人科診療全般を担当している。
監修医師詳細