ユビー

キャッスルマン病・TAFLO症候群
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:2023/01/25

監修医師:
鎌倉 栄作(新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教)

あなたの症状とキャッスルマン病・TAFLO症候群の関連をAIでチェックする

かんたん3分(無料)

キャッスルマン病・TAFLO症候群があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

キャッスルマン病・TAFLO症候群について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
キャッスルマン病・TAFLO症候群に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
キャッスルマン病・TAFLO症候群に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

キャッスルマン病・TAFLO症候群と特に関連する症状について

次のような症状がある方はご注意ください。

むくみがある

症状の状態
赤い斑点(ブツブツ)がある
自覚した時期
1か月以上前から

最近の血液検査で貧血を指摘された

自覚した時期
1週間以内

体のだるさがある

自覚した時期
6か月以上前から

赤い尿や血尿が最近出た

症状の頻度
初めての症状である
自覚した時期
1日以内から

お腹にガスがたまったり、張った感じがする

症状の頻度
ほぼ毎日同じような症状がある

食欲がない

症状の程度
固形物は食べられないが水分はとれている
症状の経過
改善も悪化もしていない
自覚した時期
1日以内から

キャッスルマン病・TAFLO症候群とはどんな病気ですか?

キャッスルマン病はあちこちのリンパ節が腫れたり、皮疹が出たり、高熱を来したりする稀な病気です。TAFRO症候群は血小板減少・全身性浮腫・発熱・骨髄細網線維化・臓器腫大の頭文字から命名されたもので、キャッスルマン病との共通点が指摘されています。

キャッスルマン病・TAFLO症候群の特徴的な症状はなんですか?

次の症状などが特徴として見られます

キャッスルマン病・TAFLO症候群への対処法は?

まずは医療機関を受診してください。

キャッスルマン病・TAFLO症候群の専門医がいる病院を見る

キャッスルマン病・TAFLO症候群について、医師からのよくある質問

  • 体温は37.5℃以上ですか?
  • 体のだるさはありますか?
  • リンパ節(首や脇の下、股の付け根、耳の後ろなどにあります)がはれて大きくなっていると感じますか?
  • むくみがありますか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作 先生

診療科・専門領域

  • 内科
  • 呼吸器内科
  • アレルギー科
【経歴】 1995年 新潟県立新潟高等学校 卒業 2007年 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業 2011年 新潟大学医学部医学科 卒業 2011年 横須賀共済病院 初期研修 2013年 横須賀共済病院 呼吸器内科 2017年 東京医科歯科大学統合呼吸器病学分野 入局 2017年 青梅市立総合病院呼吸器内科 2019年 武蔵野赤十字病院呼吸器科 2021年 新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教(現在に至る)
監修医師詳細