ユビー

小さなものを飲み込んだ
という症状の原因と、関連する病気をAIで無料チェック

更新日:2023/07/26

監修医師:
吉岡 藍子(新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野医員)

「小さなものを飲み込んだ」がどの病気に関連するかAIでチェックする

かんたん3分(無料)

「小さなものを飲み込んだ」がどの病気に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

小さなものを飲み込んだという症状について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
症状の原因、関連する病気、対処法がわかる
featureHospitalIcon
適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

「小さなものを飲み込んだ」はどんな症状ですか?

小さなものを飲み込んだとは

「小さなものを飲み込んだ」に関連する主の病気には、窒息、気管支異物、咽頭異物などがあります。

小さなものを飲み込んだ」に関連する症状はありますか?

  • 異物がのどに引っかかっている

  • 薬をパッケージごと飲んだ

小さなものを飲み込んだという症状はどんな病気に関連しますか?

小さなものを飲み込んだという症状の原因となる主な病気は次のとおりです。
  • 咽頭異物
  • 気管支異物
  • 窒息
すぐに病院を受診すべき、小さなものを飲み込んだ場合に関連する病気もあります。
  • 咽頭異物
  • 気管支異物
  • 窒息

小さなものを飲み込んだという症状について、医師からのよくある質問

  • 小さなものを飲み込みましたか?
  • 体温は37.5℃以上ですか?
  • のどの痛みはありますか?
  • ゼーゼー・ヒューヒューするような呼吸音がしますか?
  • 鼻をピクピクさせたり、息を吸う時に肋骨の隙間がへこむ様子がありますか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野医員
吉岡 藍子 先生

診療科・専門領域

  • 消化器内科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。 2022年4月から新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野所属。
監修医師詳細