ユビー

小さなものを飲み込んだ
の原因となる病気との関連性をAIで無料チェック

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

「小さなものを飲み込んだ」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

「小さなものを飲み込んだ」の原因となりうる病気との関連性

適切な診療科

「小さなものを飲み込んだ」におすすめの病院

次のような症状を訴える人が利用しています
  • 異物がのどに引っかかっている
  • 薬をパッケージごと飲んだ
  • 異物を誤って飲み込んだ
  • 小さなものを飲み込んだが続く

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「小さなものを飲み込んだ」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

「小さなものを飲み込んだ」で考えられる病気

小さなものを飲み込んだの原因と考えられる主な病気には次のものがあります。
  • 窒息
  • 気管支異物
  • 咽頭異物
小さなものを飲み込んだには、すぐに病院を受診すべき病気もあります。
  • 気管支異物
  • 咽頭異物
監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
  • 外科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。
監修医師詳細