「外傷性脂肪壊死」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

外傷性脂肪壊死

打撲などの怪我をした後に、皮膚の下の脂肪細胞が痛むことで生じた炎症により様々な大きさのしこりを生じる病気です。女性の乳房をぶつけた後に生じることが多いとされています。

対処法

数か月から年単位でしこりが消失しないこともあります。徐々に大きくなる場合や痛みが強まる場合には、皮膚科を受診しましょう。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
外傷性脂肪壊死との関連性
受診すべき診療科
外傷性脂肪壊死でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「外傷性脂肪壊死」について気になる症状をまず1つ教えてください。

皮膚が赤く点々としている
しこりがある
乳がんを疑っている
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
AI受診相談ユビーは現役医師50人の監修のもと、最新かつ公知の情報をもとに開発されています。すべて見る
  • 阿部 吉倫

    阿部 吉倫

    Ubie株式会社
    共同代表 総合内科医

  • 五十嵐 健史

    五十嵐 健史

    東京都健康長寿医療センター 麻酔科医

  • 金沢 誠司

    金沢 誠司

    国立成育医療研究センター
    産婦人科医

  • 白井 優

    白井 優

    四谷ゆいクリニック
    精神科医

  • 白石 達也

    白石 達也

    仁生社江戸川病院
    循環器内科医