この病気で最も気をつけないといけないのは窒息です。
治療を行っていても症状が悪くなることがあるため、息苦しくならないかどうかには特に注意して過ごすようにしてください。