弾性ストッキング等を用いた保存的治療(体を傷つけずに病気を治していく治療)や、場合によっては手術が行われます。
手術を選択する場合、入院期間は日帰り~5日程度となることが多いですが、病状によってはより長くなることもあります。