ユビー

下肢静脈瘤・慢性静脈不全・うっ滞性皮膚炎
との関連性をAIで無料でチェック

更新日:9/3/2020

監修医師の画像
監修医師
東日本橋内科クリニック 院長
白石 達也

下肢静脈瘤・慢性静脈不全・うっ滞性皮膚炎について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

下肢静脈瘤・慢性静脈不全・うっ滞性皮膚炎と関連性のある病気

適切な診療科

下肢静脈瘤・慢性静脈不全・うっ滞性皮膚炎でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

下肢静脈瘤・慢性静脈不全・うっ滞性皮膚炎とは

下肢静脈瘤は脚の静脈にできる「こぶ」のようなもので、血流を悪くします。男性より筋肉量が少ない女性に多く、ふくらはぎのポンプ作用が弱いことがひとつの原因と考えられます。妊娠や出産によるホルモンバランスの変化のほか、加齢による影響もあります。静脈瘤のような症状が原因で慢性静脈不全に至り、小さな血管が破綻することで皮膚に炎症が起こります。これがうっ滞性皮膚炎です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 普段、おもに立ち仕事をしている
  • 左右どちらか片方だけにむくみがある
  • むくみがある
  • 下半身のむくみがある
  • 皮ふが硬くなっている
  • 皮ふの黒ずみがある
  • 皮ふにただれている場所や、めくれている場所がある
  • 1日中立ち仕事やデスクワークをしている

対処法

まずは医療機関を受診してください。皮膚科・形成外科・血管外科などの診療科が関わります。程度によっては、手術も検討されます。

近所の病院検索

下肢静脈瘤・慢性静脈不全・うっ滞性皮膚炎の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

下肢静脈瘤・慢性静脈不全・うっ滞性皮膚炎と似た病気からも調べられます

下肢静脈瘤・慢性静脈不全・うっ滞性皮膚炎について、医師は以下のような質問をする可能性があります。

  • 普段、おもに立ち仕事をしていますか?
  • 体のどちらか片方だけにむくみがありますか?
  • むくみがありますか?
  • 足がむくんでいますか?
  • 皮ふが硬くなっている場所がありますか?
監修医師の画像
監修医師
東日本橋内科クリニック 院長
白石 達也

診療科・専門領域

  • 内科
  • 循環器内科
京都大学医学部卒。田附興風会医学研究所北野病院で臨床研修、仁生社江戸川病院で循環器内科医として勤務。Ubie社での勤務を経て、東日本橋内科クリニック院長。
監修医師詳細