下肢静脈(足先から心臓へと血液を送り返す血管)の機能が悪くなる下肢静脈瘤や、血栓ができることで血流が悪くなる深部静脈血栓症(DVT)などが原因となることが多いです。
近年では、高齢、身体能力の低下(廃用)、肥満などが原因のケースも見られます。