慢性静脈不全

最終更新日

治療を開始してから治るまでの流れが知りたいです。

おだかクリニック 循環器内科 副院長

小鷹 悠二 監修

回答

弾性ストッキング等を用いた保存的治療や、手術が行われます。手術の場合、入院期間は日帰り~5日程度になります。

解説

弾性ストッキング等を用いた保存的治療(体を傷つけずに病気を治していく治療)や、場合によっては手術が行われます。
手術を選択する場合、入院期間は日帰り~5日程度となることが多いですが、病状によってはより長くなることもあります。
なお、手術後も保存的治療は必要となります。

関連する病気と症状

(参考文献)

慢性静脈不全が気になる方はチェック

慢性静脈不全に関連する病気や症状

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社