下肢静脈瘤や深部静脈血栓症(DVT)が原因で、下肢静脈(足先から心臓へと血液を送り返す血管)の血流が悪くなり、足のむくみや重苦しさ、痛みなどの症状が生じる病気です。
また、皮膚に症状が及ぶ場合もあり、炎症や色素沈着、さらには潰瘍(皮膚がえぐれた状態)などを引き起こすこともあります。