立ち仕事は血液が足にたまる原因になるので、避けるようにします。
就寝時など、横になって安静にする際は、下肢挙上(足を高くして血の流れを促すこと)を行うように心がけます。
日常的に無理のないレベルの運動(つま先の上げ下げや足上げ、ウォーキングなど)を行うようにすることも大切です。
また、症状の改善や再発防止のために、普段から弾性ストッキングを着用することも効果的です。