症状や、患部の見た目、下肢静脈(足先から心臓へと血液を送り返す血管)の超音波検査などから診断されることが多いです。
病状によっては、CTやMRI等の画像検査を行うこともあります。