ubie logo

「薬剤性排尿障害」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
副院長
齋藤 直 先生

何かしらの薬剤で排尿がしにくい、または排尿できなくなってしまう状態です。多くは前立腺肥大を伴う中年以降の男性に起こります。薬剤の種類によっては女性にも起こります。

対処法

風邪薬や喘息薬、アルコールで起こることが多いため、新しい薬を始めた際には継続の有無を医師に確認して下さい。アルコールが疑わしい場合は控えましょう。

「薬剤性排尿障害」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

薬剤性排尿障害と関連性のある病気

適切な診療科

薬剤性排尿障害でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「薬剤性排尿障害」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

「薬剤性排尿障害」に関連する症状からも調べられます

監修医師の画像
監修医師
副院長
齋藤 直 先生
高崎タワークリニック眼科・泌尿器科 副院長 東京女子医科大学医学部卒・東京女子医科大学病院、戸田中央総合病院、東京女子医科大学八千代医療センター、医療法人伯鳳会赤穂中央病院をへて2020年4月より現職。
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「薬剤性排尿障害」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/drug-induced-voiding-dysfunction-d1029 #ユビーAI受診相談 #薬剤性排尿障害
テキストをコピー