ユビー

薬剤性排尿障害
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:10/14/2021

監修医師:
齋藤 直(高崎タワークリニック眼科・泌尿器科 副院長)

かんたん3分(無料)

薬剤性排尿障害があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

薬剤性排尿障害について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
薬剤性排尿障害に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
薬剤性排尿障害に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

薬剤性排尿障害とは

何かしらの薬剤で排尿がしにくい、または排尿できなくなってしまう状態です。多くは前立腺肥大を伴う中年以降の男性に起こります。薬剤の種類によっては女性にも起こります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • おしっこが出にくい、少ない
  • 排尿後2時間以内の尿意

対処法

市販の風邪薬などが原因となる場合があります。前立腺肥大症と診断されている場合は注意しましょう。

近所の病院検索

薬剤性排尿障害の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

薬剤性排尿障害に関連する他の症状は?

薬剤性排尿障害について、医師からのよくある質問

  • おしっこが出にくい、あるいは少ないですか?
  • 排尿後2時間以内に再度尿意を感じる事がありますか?
監修医師の画像

監修医師

高崎タワークリニック眼科・泌尿器科 副院長
齋藤 直

診療科・専門領域

  • 泌尿器科
東京女子医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学病院、戸田中央総合病院、東京女子医科大学八千代医療センター、医療法人伯鳳会赤穂中央病院を経て2020年4月より高崎タワークリニック眼科・泌尿器科にて副院長(現職)
監修医師詳細