ubie logo

「褥瘡」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
院長
上田 有希子 先生

長い時間圧迫されていた皮膚が赤くなり、やがて、皮膚がえぐれてできる潰瘍です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふに何らかの異常がある
  • もともと日常生活において、立ち上がるのが困難で、横になって過ごすことが多い
  • 皮ふのこすれるところや、外から刺激を受けたところが赤い
  • 皮ふが硬くなっている

対処法

こまめにからだの向きを変えるなどして長時間の圧迫を避け、褥瘡の予防をすることが最も重要です。褥瘡を疑った際は、早めに医療機関に相談してください。

「褥瘡」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

褥瘡と関連性のある病気

適切な診療科

褥瘡でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「褥瘡」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
監修医師の画像
監修医師
院長
上田 有希子 先生
私立女子学院高校卒 新潟大学医学部卒 東京大学医学部附属病院初期研修医 東京大学皮膚科学教室入局 自治医科大学皮膚科、臨床助教 京都府立医科大学皮膚科、後期専攻医 都立駒込病院皮膚腫瘍科 東京大学皮膚科、特任臨床医 日本赤十字社医療センター皮膚科
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「褥瘡」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/pressure-ulcers-d847 #ユビーAI受診相談 #褥瘡
テキストをコピー