ユビー

乳房パジェット病
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:2023/01/25

監修医師:
谷 英己(東京北部病院 副院長 / 外科診療部長)

あなたの症状と乳房パジェット病 の関連をAIでチェックする

かんたん3分(無料)

乳房パジェット病 があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

乳房パジェット病 について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
乳房パジェット病 に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
乳房パジェット病 に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

乳房パジェット病 と特に関連する症状について

次のような症状がある方はご注意ください。

股関節に症状がある

症状の出方
ある瞬間から急にでてきた

しびれや感覚のおかしさがある

自覚した時期
1か月以上前から
症状の出方
全く前ぶれのない突然の発症だった

食欲がない

症状の程度
固形物は食べられないが水分はとれている
症状の経過
改善も悪化もしていない
自覚した時期
1日以内から

乳房パジェット病 とはどんな病気ですか?

乳管癌が、乳頭の皮膚に顔を出した状態です。脇の下などの離れた場所に現れることもあります。初めのうちは、湿疹と区別がつきにくいこともあります。なお、骨パジェット病は全く別の病気です。

乳房パジェット病 の特徴的な症状はなんですか?

次の症状などが特徴として見られます

乳房パジェット病 への対処法は?

皮膚科または乳腺外科を受診します。基本的には顕微鏡の検査(生検)を行います。診断が確かとなれば、手術が検討されます。

乳房パジェット病 の専門医がいる病院を見る

乳房パジェット病 について、医師からのよくある質問

  • 皮ふが硬くなっている場所がありますか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

東京北部病院 副院長 / 外科診療部長
谷 英己 先生

診療科・専門領域

  • 外科
【経歴】 浜松医科大学医学部卒 東京女子医科大学 第二外科 助教 東京北部病院 副院長 /外科診療部長
監修医師詳細