子宮頸がん

最終更新日

子宮頸がんの治療を受けると妊娠ができなくなりますか?

成育医療研究センター 産婦人科 共同研究員

藤井 達也 監修

回答

病気の進行の程度や治療の選択肢によっては、妊娠・出産できる可能性を残したまま治療することができます。

解説

前がん病変(がんになる手前の状態)や初期の子宮頸がんの段階であれば、子宮の一部のみを切除することで治療ができるため、その後の妊娠や出産も可能です。
他方、ある程度進行した子宮頸がんの場合には、基本的に子宮の摘出や子宮への放射線照射が必要となるため、妊娠や出産は困難となります。
患者さんが希望する場合には、妊娠できる可能性を残しつつ治癒を目指す手術が試みられることもあります。

(参考文献)

子宮頸がんが気になる方はチェック
初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社