ユビー

網膜中心静脈閉塞症
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長
三村 真士

「網膜中心静脈閉塞症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

網膜中心静脈閉塞症と関連性のある病気

適切な診療科

網膜中心静脈閉塞症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「網膜中心静脈閉塞症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

網膜中心静脈閉塞症は、網膜全体に枝分かれして広がっている静脈の根本が詰まって血液が流れなくなる病気です。

網膜の静脈の根本が詰まると、影響は網膜全体に及びます。血液の行く手が阻まれ、眼底一面に出血が広がったり、網膜に血液中の水分がたまりむくみを起こしたりすることで、視力が障害されてしまいます。

50歳以上の年配の方に起きやすい病気です。高血圧や高脂血症、糖尿病、喫煙などや血管自体の炎症がリスクとなります。

頻度として網膜静脈の閉塞症の多くは枝の静脈が詰まるもので、根本の静脈(中心静脈)がつまることは多くはありません。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 視界の一部が見えなくなった
  • 最近目が見えにくくなった
  • ものが二重に見える
  • 目の痛みがある
  • 血圧が高いと医師に言われたことがある

進行後のリスク

出血が広がっている部分の視野が欠ける・黒っぽく見える、むくみにより視力が低下する・眼がかすむ等の症状がみられます。出血は時間とともに引いていきますが、血液が流れなくなったまま再開せずに、網膜の機能が奪われてしまい、視力が回復しなくなってしまうこともあります。

眼がかすんだり欠けて見える

対処法

薬物治療やレーザー光凝固術、硝子体手術などの治療法が進歩し治療法が増えたことで、多くの患者で実用的な視力を保つことができるようになってきています。異変を感じたら、眼科の医師に早めに相談しましょう。

監修医師の画像
監修医師
オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長
三村 真士

診療科・専門領域

  • 眼科
【経歴】 2002年 大阪医科大学卒後、同大学眼科に所属し、眼科/眼形成再建外科専門医を志す 2007年 眼科専門医取得、大阪回生病院にて眼形成再建外科外来開設 2014年 大阪医科大学眼科/助教 2015年 カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 眼科/眼形成再建外科 国際フェロー 2020年 大阪医科大学眼科/講師准 2021年 兵庫医科大学眼科/非常勤講師、東邦大学医療センター佐倉病院/非常勤講師 2022年 眼形成再建外科専門:オキュロフェイシャルクリニック大阪院長
監修医師詳細