ユビー

高ガンマグロブリン血症性紫斑
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:10/14/2021

監修医師:
上田 有希子(日本橋室町皮ふ科 院長)
かんたん3分(無料)
高ガンマグロブリン血症性紫斑があなたの症状に関連するかチェック
interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

高ガンマグロブリン血症性紫斑について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
高ガンマグロブリン血症性紫斑に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
高ガンマグロブリン血症性紫斑に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

高ガンマグロブリン血症性紫斑とは

足の皮ふに小さな紫色の膨らみとしてわかる皮下の血管炎で、シェーグレン症候群などの自己免疫性疾患に合併することが多く、女性によく見られます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふに紫色のあざまたはブツブツがある

対処法

痛みを伴う場合は、ステロイドによる治療の対象になります。また合併する病気の治療が合わせて必要になります。

近所の病院検索

高ガンマグロブリン血症性紫斑の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

高ガンマグロブリン血症性紫斑について、医師からのよくある質問

  • 皮ふに紫色のあざまたはブツブツがありますか?
監修医師の画像
監修医師
日本橋室町皮ふ科 院長
上田 有希子

診療科・専門領域

  • 皮膚科
【経歴】 私立女子学院高校卒 新潟大学医学部卒 東京大学医学部附属病院初期研修医 東京大学皮膚科学教室入局 自治医科大学皮膚科 臨床助教 京都府立医科大学皮膚科 後期専攻医 都立駒込病院皮膚腫瘍科 東京大学皮膚科 特任臨床医 日本赤十字社医療センター皮膚科
監修医師詳細