ユビー

痙縮
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫

痙縮について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

痙縮と関連性のある病気

適切な診療科

痙縮でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

痙縮とは

脳卒中等の中枢神経の病気によって筋肉が萎縮して固まってしまうことを指します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)を起こしたことがある
  • 筋肉が硬く、他人が肘や膝を曲げようとしても上手く曲げられない
  • 関節が動かしにくい
  • 手足や顔が勝手に動く
  • 手足を思ったように動かしにくい、不器用になったと感じる
  • 手指に細かいふるえがある
  • 手足の動かしにくさの程度が左右で異なる
  • 手足などに力の入らない部分がある
  • しびれや感覚のおかしさがある

対処法

症状を緩和するために筋肉をほぐす薬剤を試してみることができます。専門医を受診してください。

近所の病院検索

痙縮の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫

診療科・専門領域

  • 内科
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細