「結核(皮膚腺病を含む)」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

結核(皮膚腺病を含む)

結核菌という細菌に感染することで発症します。肺に最も多く感染します(肺結核)が、気管支、リンパ節、腸、皮膚など様々な臓器に感染することがあります。長引く咳や微熱、寝汗や体重減少を起こし、血痰や喀血を起こすこともあります。

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふに膿(うみ)が溜まった水ぶくれがある
  • 体温が普段より高い
  • 排尿後に尿が出し切れていない感じがある
  • たんに血が混ざる
  • 皮ふの下にコブ状のものが触れる
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • 首や脇の下、股の付け根、耳の後ろなどにしこりがある
  • 着替える必要があるほどの寝汗をかいている

複数の抗生物質を組み合わせた治療(数か月間、病状により1年以上かかることもあります)が必要です。痰に大量の菌が含まれる場合は、菌が十分減るまで専門病棟で入院する必要があります。薬が効きにくい耐性菌が出ないように、治療中は毎日欠かさず薬を飲むことが重要です。呼吸器内科を受診してください。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
結核(皮膚腺病を含む)の可能性
病院に行くべきか
結核(皮膚腺病を含む)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「結核(皮膚腺病を含む)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

寝汗が酷い
リンパが腫れている
痰に血が混ざる
しこりがある
皮膚が赤く点々としている
皮膚にブツブツがあり、膿が出ている
残尿感がある
発熱がある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
© Ubie, Inc. 会社概要