ユビー

子宮付属器炎
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫

子宮付属器炎について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

子宮付属器炎と関連性のある病気

適切な診療科

子宮付属器炎でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

子宮付属器炎とは

クラミジアや淋菌、腟内常在菌などが子宮付属器(卵管、卵巣)に感染し、下腹部痛や帯下(おりもの)の増加、発熱を生じます。卵管に膿が溜まったり、不妊や異所性(子宮外)妊娠の原因になることがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • お腹の痛みがある
  • 体温が37.5℃以上
  • 最近、おりものが増えている

対処法

自然に軽快することもありますが、症状が改善しない場合は産婦人科を受診してください。抗菌剤等の薬による治療が必要な可能性があります。重篤な場合は緊急手術になることもあります。性感染症が原因の場合はパートナーと一緒に治療をしてください。

近所の病院検索

子宮付属器炎の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫

診療科・専門領域

  • 内科
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細