ユビー

子宮付属器炎
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:7/13/2022

監修医師:
小笹 勝巳

かんたん3分(無料)

子宮付属器炎があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

子宮付属器炎について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
子宮付属器炎に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
子宮付属器炎に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

子宮付属器炎とは

クラミジアや淋菌、腟内常在菌などが子宮付属器(卵管、卵巣)に感染し、下腹部痛や帯下(おりもの)の増加、発熱を生じます。卵管に膿が溜まったり、不妊や異所性(子宮外)妊娠の原因になることがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • お腹の痛みがある
  • 体温が37.5℃以上
  • 最近、おりものが増えている

対処法

自然に軽快することもありますが、症状が改善しない場合は産婦人科を受診してください。抗菌剤等の薬による治療が必要な可能性があります。重篤な場合は緊急手術になることもあります。性感染症が原因の場合はパートナーと一緒に治療をしてください。

近所の病院検索

子宮付属器炎の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

子宮付属器炎に関連する他の症状は?

子宮付属器炎について、医師からのよくある質問

  • お腹の痛みがありますか?
  • 体温は37.5℃以上ですか?
  • 最近、おりものが増えていますか?
監修医師の画像

監修医師

小笹 勝巳

診療科・専門領域

  • 産婦人科
大阪大学医学部卒。天理よろづ相談所病院、大阪大学医学部附属病院、大阪大学大学院、大阪府済生会中津病院、市立貝塚病院 副部長を経て、次のキャリアに向けて始動中。婦人科腫瘍、女性医学などの分野を中心に産婦人科全般の診療に携わっている。
監修医師詳細