ユビー
気になる症状はユビーアプリで簡単チェック

お腹の左上に症状がある
という症状の原因と、関連する病気をAIで無料チェック

更新日:2023/07/26

監修医師:
吉岡 藍子

「お腹の左上に症状がある」がどの病気に関連するかAIでチェックする

かんたん3分(無料)

「お腹の左上に症状がある」がどの病気に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

お腹の左上に症状があるという症状について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
症状の原因、関連する病気、対処法がわかる
featureHospitalIcon
適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

「お腹の左上に症状がある」はどんな症状ですか?

お腹の左上に症状があるとは

「お腹の左上に症状がある」に関連する主の病気には、メッケル憩室症、細菌性胃腸炎、慢性腎盂腎炎などがあります。

お腹の左上に症状がある」に関連する症状はありますか?

  • 左下腹部の鈍痛が続く

  • 左腹部がチクチク痛む

  • 胃の左側が痛い

  • みぞおちの左側が痛い

「お腹の左上に症状がある」のQ&A

  • A.

    胸とへその間にあるへこみ(=みぞおち)の左側が痛くなる症状を指します。

    解説

    「みぞおちの左側の痛み」とは、お腹の左上の痛みのことです。左上腹部痛とも言われます。
    この部分には、胃、脾臓、大腸、膵臓、腎臓といったいくつかの臓器があります。みぞおちの左側の痛みを感じる場合、これらの臓器に異常が生じている可能性があり、

    • 痛みの性状(鋭い痛みか、鈍い痛みか)
    • 発症時期(いつ頃から、急に痛くなったのか、だんだん痛くなったのか)
    • 持続性(ずっと痛いのか、痛んだり良くなったりを繰り返しているのか)

    などの情報も、正しい診断のためには非常に重要になります。

    痛みが徐々に強くなってきた場合や、良くならない場合には病院を受診しましょう。

    「ユビー病気のQ&A」を見る
  • A.

    症状検索エンジン「ユビー」で質問に答えるだけでセルフチェックもできます。

    解説

    左上腹部痛が起こる可能性のある病気は数多くあり、消化器、循環器、泌尿器など、異なる複数の診療科の病気であることがあります。
    痛みの種類(鋭い痛みか、鈍い痛みか)、持続時間、現在治療中の病気があるかなど、個々の患者さんによってどの病気であるかの可能性は大きく変わってきます。

    症状検索エンジン「ユビー」で質問に答えることで、どのような病気の可能性があるのかをチェックすることができます。セルフチェックの結果、何らかの病気が疑われる場合や、症状が続く場合には、適切な診療科を受診するようにしましょう。

    「ユビー病気のQ&A」を見る
  • A.

    強いストレスによる急性胃炎は、みぞおちの左側に痛みを引き起こします。

    解説

    可能性のひとつとして、ストレスが原因となって胃炎胃潰瘍となり、お腹の左上が痛むことはあると思います。しかし、お腹の左上の痛みの原因は必ずしもストレスによるものだけではありません。
    胃炎や食道炎といった消化器の病気や、心筋梗塞大動脈解離といった心臓・血管の病気で左上腹部の痛みが起こる場合もあります。
    また、尿管結石腎盂腎炎といった、泌尿器系の病気で起こる場合もあります。

    そのため、症状が続く場合や、他にも症状がある場合には、医師に相談することが大切です。

    「ユビー病気のQ&A」を見る

お腹の左上に症状があるという症状はどんな病気に関連しますか?

お腹の左上に症状があるという症状の原因となる主な病気は次のとおりです。
  • 急性膵炎
  • 急性十二指腸潰瘍穿孔
  • 急性腹症
  • 急性胃潰瘍穿孔
  • 憩室炎
  • 脾梗塞
  • 虚血性腸炎
  • 腸閉塞
  • 尿路結石
  • 副腎不全(アジソン病など)
すぐに病院を受診すべき、お腹の左上に症状がある場合に関連する病気もあります。
  • 急性膵炎
  • 急性胃潰瘍穿孔
  • 脾梗塞
  • 腸閉塞
  • 憩室炎
  • 虚血性腸炎
  • 副腎不全(アジソン病など)
  • 伝染性単核球症

お腹の左上に症状があるという症状について、医師からのよくある質問

  • お腹の左上が痛みますか?
  • 吐き気や嘔吐がありますか?
  • 便がゆるいか、あるいは下痢をしていますか?
  • ここ1週間以内に生牡蠣、刺身、古いおにぎり・弁当、加熱不十分なレバー、生水などの食中毒を起こしそうなものを口にしましたか?
  • 体温は37.5℃以上ですか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
新潟大学医学部卒。 新潟県内外の市中病院、大学病院で勤務。 新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野にて博士取得。 2022年からユビーに入社し、横浜市で健診内視鏡診療を兼務。
監修医師詳細