ユビー

ウィルスによる血球貪食症候群
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作

ウィルスによる血球貪食症候群について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

ウィルスによる血球貪食症候群と関連性のある病気

適切な診療科

ウィルスによる血球貪食症候群でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

ウィルスによる血球貪食症候群とは

発熱や発疹など、ウイルス感染の症状に続いて血球の減少が起きる病気です。原因となるウイルスは、複数あります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が37.5℃以上
  • 皮ふにブツブツがある
  • 体のだるさがある
  • 首や脇の下、股の付け根、耳の後ろなどにしこりがある
  • 38度以上の高熱が7日以上続いている
  • 頭がボーっとする、すっきりしない
  • 全身の違和感・不快感

対処法

EBウイルスによるもの以外は軽症が多く、自然治癒するものもあります。まずは医療機関を受診してください。

近所の病院検索

ウィルスによる血球貪食症候群の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作

診療科・専門領域

  • 内科
  • 呼吸器内科
  • アレルギー科
【経歴】 1995年 新潟県立新潟高等学校 卒業 2007年 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業 2011年 新潟大学医学部医学科 卒業 2011年 横須賀共済病院 初期研修 2013年 横須賀共済病院 呼吸器内科 2017年 東京医科歯科大学統合呼吸器病学分野 入局 2017年 青梅市立総合病院呼吸器内科 2019年 武蔵野赤十字病院呼吸器科 2021年 新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教(現在に至る)
監修医師詳細