手術を行って患部を切除し、その後アルベンダゾールという駆虫剤を内服します。
発見と治療のタイミングが早ければ、患部を完全に取り除くことができ、予後も良好に進みます。
病気がある程度進行してしまった後で治療を行う場合、患部の完全切除が難しいこともあり、その場合は再発の可能性が残ります。