まずは28日間連続で内服し、その後いったん2週間休薬します。
休薬が終わったら、その時点の状態から判断して、再度繰り返し内服するかなどを決めていきます。
また、薬の容量などは、年齢や症状の重さなどを考慮してそのつど調節します。