軽症(I度)の熱中症であれば、応急処置と見守りで対応が可能です。
まずはクーラーなどがきちんと効いている涼しい場所に移動し、安静にしましょう。
また、経口補水液などをしっかり飲んで水分補給をし、アイスパックなどで体を冷やしましょう。

なお、意識障害が見られるなど重症の場合は、すぐに医療機関の救急科を受診してください。
重症の場合、医師の指示にしたがって、深部体温(体の内部の温度)が38℃以下になるまで全身を冷やす治療を行います。