注射器で中身を吸い取ります。
注射器での吸引は、診断と治療の両方を果たします。

中身を吸引したあとも再発を繰り返す場合は、手術による摘出を検討します。
膨らみができた部位や、過去にかかった病気の関係で、注射針を刺すことが難しい場合には、薬のみを使った治療を検討します。