基本的には、いわゆる激痛となることはありませんが、痛みによって日常の活動が制限され、薬によって十分に改善が実感できない場合に手術を検討します。