患部の周りを積極的に動かしていると、膨らみのサイズが大きくなってしまうことがあります。
そのため、適度に患部を休ませることが有用と考えられています。